遂にLeica (Leitz) の引伸機がやって来た

 遂に、Valoy IIが、自宅の暗室にやってきた。

Valoy II_04


 ずっと憧れていたライカ引伸機。当初はフォコマートIcが欲しいと思っていたが、状態がよい品は、高すぎて手が出ない。 今回、手に入れたValoy IIは、簡単に言うと、フォコマートIcからオートフォーカス機能を取り去ったような製品。

Valoy II_01


 僕が、ライカの引伸機を購入したかった最大の理由は、コンデンサーレンズが、ネガキャリア上のフィルムを直接上から押さえるので、フィルム面が、コンデンサーレンズに密着して、完全にフラットになってくれることにある。Valoy II は、オートフォーカス機能がないものの、コンデンサーレンズがフィルム面を直接押さえるというFocomat IcやFocomat IIと共通の特徴は備えているので、購入を決めた。

Valoy II_02


 フィルムを直接コンデンサーレンズが押さえるとなると、ニュートンリング(干渉縞)の発生が懸念されるが、今回購入したValloyの場合、それが発生しないようコンデンサーレンズの表面がアンチニュートンリング処理されている。


 ライカの引伸機に付属のネガキャリアは、最初から黒フチが出る大きさになっている。今まで使ってきたFujiB690の場合、ネガキャリアは、黒フチが出るようにはなっておらず、自分でネガキャリアを削って、出るように加工した。尚更のこと、直接コンデンサーレンズで押さえた時、どんな風に仕上がるか、楽しみである。

Valoy II_03



 購入したお店の方のお話では、僕が購入した製品は、1960年代に製造されたそうだ。僕と同年代だ。そんなに古い引伸機が非常に綺麗な状態で手に入ったことが、非常に嬉しい。支柱には錆が全く見られない。大事に使いたい。


Valoy II_05



にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、是非お願いします。



コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/06/09 6:28 PM
Redmiintさんへ

コメント、有難うございます。
コメント中のメールアドレスに返信差し上げようとしたのですが、メールアドレスに誤りがあると思われ、メールを送信することが出来ませんでした。頂いたコメントに、Redmiintさんのプライバシーに関わる内容が含まれるとも思いましたので、頂いたコメントは、非公開のままとさせて頂いております。改めて、正しいメールアドレスを記されたコメントを再送頂ければ幸いです。
  • ミノチャゲ
  • 2017/06/03 2:31 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/06/01 12:45 PM
コメントする








   

ブログ内検索



フィルム写真の教科書

categories



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM