赤城耕一さんの「録々 rokuroku」

 昨日、大阪は昭和町の篠原カメラさんに、露出チェックしてもらったKonica C35を受け取りに行ったとき、赤城耕一さんの「録々 rokuroku」が......しかもサイン入り。即購入。

 依頼仕事とは違う、「特別な意味や価値をもたない」ことを前提として赤城さんが選んだモチーフが、6X6の中で躍動している........なんて素人が分かった風なことを書くことがおこがましくなる。それを分かったうえで敢えて感想を書きたくなる。
 一見すると、写っているものがただ無機質に鎮座しているように見える作品。でも本当に構図の妙というか、どの写真も生き生きとした息吹を感じる。

録々 rokuroku


 奇しくも日本カメラの’18年11月号は、赤城耕一さんによる「世界の全フィルム モノクロ&カラー 試し撮りBOOK」が付録としてついている。Neopan Acros100がなくなってしまうということで、ブローニーのモノクロ低感度は今後どうしようかと思っていたところだったので、真に有難い付録。これを拝見した上で合わせて「録々」を拝見出来たので至上の喜びである。

日本カメラ’18年11月号







にほんブログ村 写真ブログへ






写真とカメラの本、写真集......そして自家現像・プリント


 今年のお盆休みは、写真とカメラにドップリ。現像作業や引き伸ばし作業しながら合間に好きなカメラや写真の本読んだり、写真集を観たり........。僕にとっては、非常に贅沢な時間の使い方。

カメラと写真の本と写真集









JUGEMテーマ:フィルムカメラ




赤城写真機診療所 Mark II

 
 赤城耕一さんの新しい本が出た。

  「赤城写真機診療所 Mark II」

 アジのあるイラストと撮影は、前回同様大村祐里子さんが担当。

 個人的には、7ページの新種ウィルス情報と、111ページの一刀両断にするような赤城ドクターのコメントが好き。

赤城写真機診療所 Mark II


 111ページでは、SigmaのArtラインシリーズに関する赤城さんのコメントが記されている。

 僕の写真とカメラ趣味にとって、アサヒカメラに非常に思い出深い赤城耕一さんの記事がある。2009年2月号で、50mm単焦点レンズの特集が組まれ、各社の最新50mmレンズや歴代の50mmの銘玉が紹介されていた。当時僕は、キャノンのデジタル一眼レフ(EOS40D)を購入して間もなく、ズームレンズしか持っていなかった。正直、何のために短焦点レンズが必要なのかあまり理解出来ていなかった。それが今では、スナップ撮影の殆どで短焦点レンズを使うことが多い。

 きっかけは、2008年に、キャノンのレンズモニターに応募して、運よくEF50mm F1.2L USMをモニターに当選したこと。この時の絞り開放からちょびっと絞った時のボケの”質”みたいなものが好きになった。でも、EFレンズは高い。

 そんな時に、読んだのが赤城耕一さんが担当されたSigma 50mm F1.4 EX DG HSMの記事。この記事の内容みて、このレンズが欲しいと思うようになって実際に購入。このレンズを使い始めたことで、僕の興味は、時代を遡るように僕が産まれた頃に作られた銘玉の数々に移っていく。写真を撮る楽しさや自家現像を自宅でやりたいと思うきっかけになったのがこのSigmaのレンズだった。このレンズは、Sigmaがその後にリリースするArtシリーズの大きな土台になっているようにも思える.......なんて、素人が知ったようなこと書くのはよそう。(赤城さんや森谷さんに怒られる)

↓Sigma 50mm F1.4 EX DG HSMを購入した頃に書いた記事。
 今読み返すと恥ずかしくて顔から火が出そうだ。

 SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 撮り初め










ロベール・ドアノー : 子どもたち

 Kansai Art Beat (JP) のツィートを見て、本棚からロベール・ドアノー(Robert Doisneau)の「子どもたち」という写真集を出してきた。以前、金沢でお散歩スナップしているときに、通りかかったオヨヨ書林で購入した。
 
 戦争の爪痕がまだ残っていたフランス国内、多分パリやパリ郊外で撮影したものが多いのであろうが、この写真集に収録されている写真に写っている子供たちは、本当に生き生きした表情で一杯だ。ただ単に撮影技術どうこうというものを超越して、心の中にある目で撮っていると思えるほど、本の中から子供たちが、そのまま飛び出してきそうな臨場感がある。

 この写真集には、もう一つとても印象的な部分がある。巻頭で、ドアノー自身が語っているエピソードだ。この写真集に載っている写真を見て、写っている被写体の本人達が、ドアノーの家を訪ねてきたという。撮影してから半世紀も経ってからのことだ。

ドアノー「子どもたち」


 なんて素敵なことだろうと思った。初老の域に入ってから、自分が幼かったころの自身の姿を、写真集や写真誌の中で見つけて、一気に少年・少女時代に引き戻されてしまったんだろう。
 この写真集に載っている写真が撮られた時代では、どこの家庭にもカメラがあるという状況ではなかっただろうから、過去を懐かしむことが出来る映像は、心の中だけにしかないというのが当たり前だっただろう。その心にしかない筈の過去の朧げな情景が、ドアノーの生き生きとした写真を通して、一気に鮮明なものとして蘇ってきたら、それはきっと衝撃的ともいえるインパクトがあっただろう。

 僕も、もうあと10年もすると半世紀前の小学校の頃のことを懐かしく振り返るのだろうか?僕の場合、幼少の頃に撮られた写真をまとめたアルバムがある。モノクロとカラーが入り混じった、そういう銀塩写真の時代だ。

 デジカメでもフィルムでも、写真を通して、その時一緒にいた家族と過ごした時間を振り返ることが出来るのは、やっぱり素敵なことではないだろうか。


にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 <--応援ポチ是非お願いします。



JUGEMテーマ:写真日記



ANAのラウンジで、Canon

今朝(正確にいうと、昨日の朝)、出張先に向かうため、羽田空港へ。ANAのラウンジに行ったら、INNOVATIVE VOICEなる冊子があった。ANAの企画で、毎月一つの企業をクローズアップして、その会社の製品やサービスにおける志、拘り、製品化に至るまでの苦労などをINNOVATIVEなストーリーとして紹介しているそうだ。

ANA INNOVATIVE VOICE


今月は、Canon PowerShot S120 が、特集されていた。コンパクトカメラで、絞り開放F1.8。居酒屋カメラを開発せよ………。なかなか、面白い。酔っ払ったおじさんにも撮りやすくというわけではない。確かに、居酒屋は、お店によっては、薄暗い感じだし、そんなお店で、ストロボ使うような野暮な真似したくない。かといって、ストロボつかわないと、シャッタースピードが遅くて手ブレする。これだけ明るいレンズが付いていれば、ちょっとISO感度高めに設定して絞り開放で撮ってやれば、背景にボケを利かして、一眼の明るいレンズで撮った風合いを醸し出せる(?)のではなかろうか。


関連サイト

Canon : 「オトナの部活カメラ」

ANA : 「ANA INNOVATIVE」



にほんブログ村 写真ブログへ<----応援ポチ、ぜひお願いします。




JUGEMテーマ:写真日記

カメラマガジン no.2

昨日は、ライカ&モノクロ現像の師匠の暗室にて、自家調合の現像液を自分達でつくって、その現像液にマッチングする印画紙(バライタ)を探索。現像した写真が柿渋色に仕上がるのです。多階調印画紙は、どの銘柄も全滅。一番マッチングした印画紙は、今はもう販売停止になっている某メーカーの号数紙。昨日は、その貴重な印画紙を、師匠から2枚だけ分けてもらって焼いた。よって、昨日現像した写真は個人的には超貴重品。これもまた一興。面白かった。こんな遊び方があってもよいかと。

 自家現像を楽しんだ余韻に浸りながら、今朝はカメラマガジンのNo.2(エイ出版)を本棚から引き出してパラパラとめくり返しております。
 表紙の写真は、藤田一咲さんがローライフレックス2.8Eにプラナー80mmF2.8で撮った海辺の写真。こういう写真を拝見すると、6X6が欲しくなるのであります。

 2005年に発売された記念モデル、ライカMP3と1956年に発売された元祖MPとの徹底比較記事は、わりと最近ライカにハマってしまった僕にとっては、楽しい記事である。

 「田中長徳 ”街撮り”の快楽ー1」「なぎら健壱 x 田中長徳 ”街撮り”の快楽ー2」「なぎら健壱 ”街撮り”の快楽ー3」を観て読むと、あああ、もっと休みが欲しいなぁと思ってしまう。こちらのオヤジさん達がやっているように、日がな一日、ライカM3を片手にパチパチとお散歩スナップしたくなる。

 大西みつぐさんのPlaubel Makina 670で撮られた80年代の写真も、なぜか心に沁み入るものがある。80年代と聞くと、46歳の僕にとってはつい昨日のことのようだ(全然成長していない証拠?)。大西さんの写真をみると、その80年代がすでに遠い過去であることを思い知らされるのと同時に、”時代”を含む写真の威力を感じる。
 
 石崎幸治さんの中判カメラに自作フィルムフォルダーを合わせて、35mmフィルムを装填してパノラマ写真を楽しむっていうのも楽しそう。

 John Sypalさんの自宅はすごい!自宅全部が、自家現像のためにあるような空間になっている。冷蔵庫の中は、フィルムしか入っていない。キッチンも現像専用の空間。誠に羨ましいかぎりである。John Sypalさんの情報がないかとググッてみたら、ありました;

 Web site : http://www.johnsypal.com/
 カメラマガジンNo.2に登場した頃は、千葉県松戸市内で英語の教師をしながら写真を撮られていたとのことですが、このサイトによると、今はTotem Pole Photo Gallery 所属のバリバリの写真家さんのようですな。



にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、お願いします。




JUGEMテーマ:フィルムカメラ



カメラマガジン

 今現在、僕の場合、モノクロはフィルムで、カラーはデジタルでというすみ分けのような状態が続いております。特に最近、フィルムで撮る楽しさにハマッている僕にとって、カメラマガジン(エイムック)はとても貴重な雑誌である。発刊されるペースも個人的には気に入っている。今現在は、5,6カ月に一度のペース。デジタル全盛となったこの時代、銀塩に関する最新情報はそうあるもんでもないだろうし、むしろこの雑誌は、最新情報よりも、歴代の銀塩カメラとその数々の銘玉で撮られた銀塩写真そのものを楽しむ感が強いように思うのであります。
 なにせ、毎号最初から最後まで銀塩のカメラとレンズそしてそれらで撮った写真が満載。わりと最近この雑誌の存在に気が付いた私は、古本と新品とりまぜながら、No.1から最新号まで全部買ってしまった。
 今、写真整理をしたりするのに使っている部屋の本棚の一角をカメラマガジンの1号から最新号が占めている。休みの日とか、ブログ記事作成の合間や、自家現像をやっている最中の休憩の時とかに、パラパラとめくりながら、大きな紙面一杯にプリントされたモノクロの綺麗な写真とか眺めていると、癒されます。

本棚(カメラマガジン)


 このブログでも、カメラマガジンで気になった写真や記事があったら、それについてコメントしていきたいと思います。
 今日は、カメラマガジンの記念すべきNo.1について。まず、サブタイトルがよいではないか。

「いいカメラは人生を楽しくする」


 ホント、最近そう思えるようになってきました。なんでもない日常の一場面も、お気に入りのカメラで、自分なりに切りとり方を考えてシャッターを切るというシンプル作業をしているだけなのに、なんだかドンドン楽しくなってきています。それがフィルムカメラの場合、さらにフィルム現像や印画紙に焼くための引伸作業という積み重なるような楽しみがあるのがとてもよいと思うのであります。
 
 カメラマガジンのNo.1は、No.2以降のためのプロローグ的な意味合いがとても強いと思います。色々なタイプのフィルムカメラのことが広く浅く紹介されていて、銀塩写真の初心者である私にも入っていきやすいのと同時にNo.2以降の深く掘り下げた内容への期待も高まります。
 またこれはNo.1に限った話ではなく、毎号とも現行手に入る銀塩カメラとフィルムの種類とメーカーのカタログが別刷りの冊子になっているのが嬉しいです。
 もちろん、No.1に掲載されている銀塩写真の数々も本当の素晴らしい。特にお気に入りの写真はと言われれば、まずは久保光一さんがローライフレックス2.8F、プラナー80mmF2.8 及びKodak Tri−Xで撮られた聖地(P.92〜95)。特に一枚目の戸隠で撮られたという杉でか囲まれた道に神々しい光がさしている感じが、少しコントラストを落としたやわらかい感じと相俟ってとても素敵なのであります。
 松田敏美さんが、ライカM6、ズミルクスーM50mmF1.4及びKodak TMAX−400で撮られた子供の写真(P.88)のシャープなピントと、背景の適度で柔かいボケのバランスも、僕もいつかこういう風に撮れるようになったよいなぁという素晴らしお手本です。
 森谷修さんが、ハッセルブラッドSWC/M、ビオゴン38mmF4.5及びイルフォードDELTA400で撮られたバリ島の写真(P.87)は、モノクロ写真ならではの光と影のバランスが綺麗にとられていて、尚且つ女性の存在がうまく引き立つような画面構成とその広がりが素晴らしいと思います。写真は2次元だけど、まるでそこに自分がいるようで、画面の中に吸い込まれそうな臨場感を感じます。
 森谷修さんは、私をいつかハッセルブラッドを手にしてみたいという気持ちにさせた「ハッセルブラッドの日々」(藤田一咲著 判佝如砲砲眦仂譴靴討い泙后FE弔気鵑錬咤廝叩殖佑亡悗靴董崢狭角でありながら歪をまったく感じさせない描写」と評しておられるが、森谷修さんのこのバリ島での写真は、SWC/Mのその特徴を存分に生かして、画面一杯にその美しい描写が広がるような広角の醍醐味をたっぷりと楽しませてくれて、見ていてともて爽快な気持ちになります。
 他にも、まだまだいつまでも眺め続けていたと思わせる素敵な銀塩写真が、この本には満載です。お勧めです。最新本ではないけれど、銀塩ファンにとっては、新しい本であるかどうかというこは、もはやあまり意味のないことのように思います。

 うむむむむぅ、こうして記事を書いていても、ついつい本棚に目がいって、書くのを中断して観たくなってきてしまいます。

 とにかく、デジタル全盛のこの時代に、銀塩カメラとフィルムに特化したこの本を発行し続けてくれている判佝任気鵑砲蓮△燭世燭栖脅奸これからもずっとカメラマガジンを発行し続けて欲しいと思うのであります。




にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ<--応援ポチ、お願いします。
JUGEMテーマ:銀塩モノクロ


JUGEMテーマ:フィルムカメラ



赤城耕一さんの「レンズ至上主義」

 アサヒカメラを、毎月購読している。以前は、最新のカメラやレンズの情報への関心が高かったが、最近は築地仁さんの「プレミアムレンズ描写論」、チョートク(田中長徳さん)の「ゆるゆる庵」や赤城耕一さんの「銀塩買物學 コーイチ百貨事典」などを毎回楽しみにしている。その理由はと言えば、2008年にEOS40Dを購入してから写真にのめり込むようになったのだが、このところ銀塩写真の撮影や自家現像にハマっていることがかなり影響している(.....かといってデジタルが嫌いになったわけではない)。こちらのお三方の影響により、最近ではレンジファインダーのカメラやレンズにも興味を持ち始めております。

 そのうちのお一人、赤城耕一さんが最近出された本をヨドカメに行ったときに見つけたので早速購入。「レンズ至上主義」と題されたこの本の内容は、レンズの選び方がよくわからないという方には非常にお勧め。ズームレンズと単焦点レンズの使い分け方とか考えている皆さんにも参考になる点が非常に多いと思います。

レンズ至上主義


 赤城さんはアサヒカメラで新製品のレンズのレポートなども担当されているのであるが、かなり辛口の批評をされていることもあり、それだけに信頼がおける気がしている。私の場合、50mm単焦点レンズを購入する際、あれこれ色々悩んだが、最終的にシグマ 50mm F1.4 EX DG HSMを選んだのも、赤城耕一さんがアサヒカメラ 2009年 2月号の50mmレンズ特集の記事で書かれていた内容がかなり影響している。

 「レンズ至上主義」は、アサヒカメラで過去赤城さんが述べられている内容も随所に見られて、アサカメファンとしては嬉しい内容も沢山ある。159〜226ページに記されている各カメラメーカー別のレンズとカメラの歴史を踏まえた上でのレンズ解説もアマチュアの私には大変面白い内容であった。特に1970年台に報道系カメラマンはニコンを、コマーシャル系のカメラマンがキャノンを多く使っていたというその理由を知った時には、電車の中ではあったが、思わず「へぇ〜」と言ってしまった。

 出張が多い私の場合、しばらくこの本はホテルの部屋で、寝る前にビールとか飲みながら繰り返し読むことになりそうだ。



過去の関連記事: SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 撮り初め('09年4月27日)



【送料無料】レンズ至上主義!

【送料無料】レンズ至上主義!
価格:924円(税込、送料別)





「ハッセルブラッドの時間」を読んでみた

 自分で銀塩モノクロフィルムの現像と、引き伸ばし作業を行うようになって、約1年経った。僕は、デジタル一眼で撮るのも、フィルム一眼で撮るのも好きなのだが、GR1V、EOS7s、EOS1vで撮った写真の現像作業を行うようになったこの1年は、フィルムカメラやモノクロ写真のことを考えている時間の比率の方が、必然的に高くなってきている。

 そんな中、出張先の本屋で、ふと手に取ったのが、藤田一咲さんの「ハッセルブラッドの時間」という本だった。文庫本サイズで、650円と非常に手ごろなお値段だったので、新幹線の中とか出張の帰りに読むのに丁度よいと思った。それに、今現在フィルムカメラに関しては、何でも知りたがり状態に陥っている僕にとって、ハッセルブラッドは、ほとんど未知と言ってよいカメラだったし....。
 2ケ月くらい前だったか、アサヒカメラにハッセルブラッドのフィルムカメラの記事が出ていて、その時からちょっと気になっていた。本屋でパラパラとページをめくった時、藤田さんが撮影された6X6の写真が、文庫本サイズのわりには沢山掲載されていたから、写真を見ながら楽しく読み進められるのではいかとも思い、買ってみた。

 そして今、僕はこの文庫本をもう一度読み返そうとしている。もう44歳のオヤジである。本読んで、清々しい気持ちになるということは、あまりなくなってしまったが、この本は久しぶりにそういう気持ちを取り戻させてくれた。もちろん、ハッセルブラッドというカメラに関する解説も、藤田さんの写真を拝見しながら、楽しく読み進めることができたのであるが、私がこの作品でさらに心魅かれたのは、作品中で、随所に出てくる藤田さんが幼き日のおじいさんとの方言たっぷりのやり取りである。

 そのやりとりを拝読したかぎりでは、藤田さんは小学生のころの夏休みを、おじいさんと過ごすことが多かったようだ。そのおじいさんは、藤田さんが生まれた記念に、秋田から上京して上野でハッセルブラッド500Cをお買いになったそうだ。そして、おじいさんは「ハッセルブラッドの時間」を楽しむとき、着物姿で自作のストラップを付けたハッセルブラッド500Cを肩から下げ、帽子をかぶり、下駄を履いてお出かけになっていたそうだ。なんて格好いいおじいさんなんだろう。そのスローなカメラで撮影するという「極上の時間」を、お二人で共有されていたことになる。
 そして、プロの写真家になられた藤田さんは、おじいさんと同じハッセルブラッド500シリーズを使っているそうだ。つまり、藤田さんは今もっておじいさんと「ハッセルブラッドの時間」を共有し続けていることになる。ハッセルブラッド500シリーズが誕生した当初から、既に完成度の高いカメラであったからこそ、現代でも高い性能を引き継ぐことができているという証しでもあるのでしょう。ハッセルブラッドがなかったら、藤田さんもおじんさんと今も「極上の時間」を共有し続けることはできていなかったのでしょうなぁ。

 
 それにしても、今もって、おじいさんと「極上の時間」を共有し続けている藤田さんがちょっぴり羨ましくなってしまった。
 なぜなら、僕にとってもじいちゃんは最高のヒーロー的存在だ。僕の両親の実家は金沢で、夏休みになると、よく従兄弟たちと浅野川で毛鉤釣りを楽しんでいた。でも、なかなか釣れない。3時間、4時間粘っても釣れないこともざら。そんな時、陽炎立つ川面の彼方から、じいちゃんはやってくる。その、陽炎の彼方から現れるじいちゃんの姿が、なんとも最高に格好いいのであった。僕が小学生の頃、じんちゃんは浅野川でアユの友釣りを楽しんでいた。その友釣り用の釣り竿が凄いのだ。竿は竹製で、手元の太さは直径4cmか5cmはあったと思う。そして天にまで届きそうなくらい長ぁ〜いのだ。とても小学生の小さい体では支えきれないくらい重かったと記憶している。その重くて長い釣り竿を軽々と肩に担いぎ、陽炎の彼方から、僕等従兄弟が釣りをしているところまでやってくる。そして、その長い竿を、ビュウンンンという音とともに振りぬくと、それと同時に手元のメチャ太い竹の柄がギシギシギシィィィィと大きな音を立て、友釣り用のアユは川面に吸い込まれていく。そうすると、数十秒のうちに、僕らがどんだけ粘っても釣れなかった同じ釣り場で、アッという間にアユを釣りあげてしまうのだ。それを見た僕と従兄弟達は
「ウワァァァァァ、じいちゃんすげぇ」
と一斉に声をあげるのである。そうすると、釣り上げた鮎を魚篭に入れて川の水でさらしながら、嬉しそうに眼を細め、友釣りのコツや毛鉤釣りの毛鉤の作り方や選び方を、楽しそうに教えてくれるのであった。

 残念ながら、僕の手元には、じいちゃんが使っていたような竹製の釣り竿はない。だから、藤田さんのように、今もなおじいちゃんと「極上の時間」を共有するということはできない。でも、卯辰山を望む浅野川の川面、天神橋、大橋あたりの町の記憶は、今も鮮明に残っている。
 いつの日か、あの懐かしい夏の浅野川の川面に立ち、じいちゃんと釣りを楽しんだあの風景を撮ってみたいと思っている。そのときには、やっぱりフィルムカメラで撮影して、自分の手で現像し、印画紙に焼いてみたいと思う。

 この本は、ハッセルブラッドの素晴らしさを紹介する内容がメインではありますが、おじいさんやおばあさんと過ごした時間の中に、一杯思い出が詰まっているという皆さんにも、とってもお勧めな一冊です。



にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へにほんブログ村<--応援ポチ、お願いします。


ハッセルブラッドの時間

ハッセルブラッドの時間

価格:683円(税込、送料別)





JUGEMテーマ:フィルムカメラ



銀塩カメラ至上主義

  暮も押し迫って参りました....という書き出しの記事が増えそうな時期になってまいりましたねぇ。やっとお休みモー
 ドになりつつありますが、私の場合は来週28日が仕事納め。お正月休みは、写真撮ったり、自家現像したりで、ドップリと
 カメラと写真の世界に浸りたいと思っております。
 
  最近、出張の帰りとか一段落したところで新幹線の中とかでよく読んでいるのが、赤城耕一さんの「銀塩カメラ至上主義!
 」です。
 赤城耕一さんは、私が毎月購読している「アサヒカメラ」でカメラやレンズの解説記事をよく担当されておられます。私のよ
 うなカメラ初心者にも分かりやすい読みやすい記事が多いので助かっております。アサヒカメラの’10年01月号では
 新春特別企画「写真上達いろは歌留多」で神立尚紀さんと撮影方法のポイントを歌留多風にまとめておられます。なかなか
 参考になるポイントが沢山ありました。

銀塩カメラ至上主義



  古今東西の銀塩カメラの解説は、色々なカメラ雑誌や書籍で読むことができますが、一人の写真家が同じ基準で多くの銀塩
 カメラの解説をしてくれている書籍は、意外と限られるのではないかと思います。「MF一眼レフ」、「AF一眼レフ」、
 「レンジファインダー」、「コンパクト」と、4つの種類に分けて、それぞれに昨今の様々なフィルムカメラ84機種が紹介さ
 れておりますが、私がこの書籍を読んで気になったのは、レンジファインダーの銀塩カメラたち。レンジファインダーというと
 真っ先にライカの名前が出てきますが、私はBESSAに大変興味をもってしまいました。ライカと比べると、お値段も比較的
 低く抑えられいて、中古市場の情報を調べてみると、周辺機器も多くて撮る楽しみがとても多そうなカメラだなぁと思いました。
 製造元はカールツァイスレンズの製造も手掛けるコシナ。個性的な製品が多いし、レンズの性能でも定評あるし、ますます欲し
 くなってしまいます.....。それに見合うだけの資金があればよいのですが、当分赤城さんのこの本を読んで我慢する日々が
 続きそうです。
 





にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へにほんブログ村<--この記事を気に入って下さった方、是非応援クリックをお願いします。



JUGEMテーマ:フィルムカメラ




ブログ内検索



Forms of JAPAN
Michael Kenna



フィルム写真の教科書



categories





増補改訂 新版
山陰旅行
クラフト+食めぐり
[ 江澤 香織 ]



西日本のうつわを
めぐる、手仕事旅行



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    ミノチャゲ
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    中野真樹
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    ミノチャゲ
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    西山
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    ミノチャゲ
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    西山
  • マツバラ光機
    ミノチャゲ
  • マツバラ光機
    西山
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    ミノチャゲ
  • Lietz Focomat 1C − 受け継ぐということ
    ミノチャゲ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM