田沼武能さんの解説

 やっと冬休みになってくれたという感じです。
 昨日で今年の仕事は終わり。今日から、我が家では年末の大掃除。今日、カメラの手入れをしたり写真の編集をしたりする机と、カメラ、カメラ機材、写真集や写真雑誌をズラッと壁一面に並べるための棚を搬入予定です。
 搬入前に写真を整理していてる途中、CAPA2008年10月をパラパラと見ていると、田沼武能さんが木村伊兵衛さんの写真を解説
 しているページにあたりました。田沼さんは、弟子をとろうとしない木村さんに断られながらも、あきらめずになんとか木村さ
 んの押かけ助手になるかとができたそうだ。
 アサヒカメラが毎月連載している「木村伊兵衛のこの一枚」も、田沼さんが写真を選定されておられる。


 前回の投稿でお伝えしたとおり、今私は木村伊兵衛さんのエッセイを読んでおります。木村伊兵衛さんが1930年代当時、
 「写真家として出発することができたはじめてのまとまった仕事」
 として語っておられるのが文芸家肖像展。木村さんは、これらの肖像写真が、単なる肖像写真と異なっている点は報道写真的要素が加わっていることだと述べている。当時の肖像写真というものは、静止させたポーズと定まり切ったライティングによって出来上がっていたそうである。つまり、人形的な写真で、写されている人物の内面までをも描き出すには至っていないというのが木村さんの当時の見方だったそうだ。それに対して木村さんは、人の人格が滲み出るような写真を撮りたかったそうで、それがライカとの出会いにより実現した様子が語られている。
 そのような木村伊兵衛さんの写真に対する考え方を伺わせるエピソードが、CAPA2008年10月で、田沼武能さんが語っておられる。
 田沼さんの解説によれば、首相になった池田勇人氏を撮る仕事が入ったとき、木村さんは撮影地である箱根に田沼さんを呼び出して、田沼さんにスーツ姿の池田勇人氏の写真を撮らせたそうだ。そのとき、木村さんは撮影の様子を田沼さんの隣に座って眺めていただけだそうだ。ところが首相の和服姿を撮るときに奥さんが着付けを直された瞬間、木村さんは居合抜きの如くカメラを取り出して2〜3枚シャッターを切ったそうだ。

 これは、やはり木村さんが、人格を描き出すことができない決まり切ったポーズで池田首相の写真は撮りたくなく、かといって
 依頼の仕事はちゃんとこなさくてはならないということで、わざわざ助手の田沼さんを箱根に呼び出したのではないだろうか。
 それでいて、池田首相と奥さんが心通わせる瞬間がきた時に、リアリズムを大事にされていた木村さんが、ここゾと思い、自分で
 ”生身の人間としての池田勇人氏”を撮り、印画紙の上で池田勇人氏の心の内側、人格を描きたかったのではなかろうか。

にほんブログ村 写真ブログへ



 









JUGEMテーマ:写真



CAPAの記事(EOS40DX榎並悦子さん)

 CAPAの6月号に掲載されていた、榎並悦子さんの記事を読みました。
CAPAの記事
Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
38mm, f/6.3, 1/25sec, ISO 320

 BSジャパンのキャノンプレミアムアーカイブスで放送されたときの写真が中心でしたが、榎並さんが出身地である京都
 との共通点を述べられている部分が新鮮な視点でよかったです。
 この2ページの記事に掲載されている大きな写真2枚は、いずれもEF−S10〜22mmで撮られたもの。
 やっぱり、スナップ撮影には広角レンズがあると便利ですし、画面に広がりが出ていいですよね。
 GWで京都を旅行したとき、シグマの50mmの単焦点マクロで河原町界隈を撮ったのですが、狭い道沿いの建物を
 正面から捉えようとすると、50mmという焦点距離の影響で、後ろに下がってフレーミングしたくても
 できない場面が結構ありました。
 「ああ〜、広角レンズ欲しいなぁ」
 と思った瞬間でありました。

 ちょっと残念だったは、CAPAのこの記事が2ページのみであったこと。撮影風景など、放送されていないカットをより
 大きな写真で掲載して欲しかったです。

 キャノンプレミアムアーカイブスは、毎週楽しく見ています。前回までの稲越功一さんの松島・最上川の回も素晴らしかった。
 「松島やぁ、ああ松島や、松島や」
 という芭蕉の句を連想させるカットや緑一杯の最上川の写真が心に残ります。
 次回の、水谷章人さんの南信州の旅も楽しみであります。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ<−−この投稿を気に入られた方、是非応援ポチお願いします


JUGEMテーマ:写真



キヤノンEOS40D+長崎(榎並悦子さん)

 写真家、榎並悦子さんに再びコメントを頂きました。
 キャノンプレミアムアーカイブスの前回及び前々回の放送では、榎並さんが長崎を旅したときの様子が放映されておりましたが、
 榎並さんご本人のコメントから、CAPAの6月号に、「キヤノンEOS40D+長崎」というタイトルの特写記事が掲載されていることを
 知りました。私もまだ記事を拝見していないので、拝見後にまたコメントしたいと思います。

 また、玄海さんのブログ「今日も吉日」に、榎並悦子さんが来店されたときの記事が投稿されています。
 こちらのブログの情報によると、榎並さんは中国(四川)に行かれていたそうです。四川といえば、先日大地震があった地域。
 どのような写真を撮られたのか非常に興味あります。もし写真展やカメラ雑誌等で四川の写真が掲載されるのであれば
 是非拝見したいと思います。

にほんブログ村 写真ブログへ<--この記事を気に入られた方、是非応援ポチお願いします。






JUGEMテーマ:旅行



ナント!!フォトグラファー(榎並悦子さん)からコメントが!!

 今週は、仕事がとても忙しくて、このブログの更新があまりできませんでした。

 この後、午前10時からキャノン・プレミアム・アーカイブスで写真家、榎並悦子さんが長崎を旅された回(第一回分)の再放送があるので
 その前にブログをチェックしようと思ってコメント欄を確認したら、なんと榎並悦子さんご本人からこのブログにコメントが届いているのを発見。
 ’08年5月11日の投稿の中で、キャノン・プレミアム・アーカイブスの紹介を記載したのですが、その紹介に対するお礼をご本人から頂きました。
 まさか、プロの写真家の方にコメント頂けるなんて.....想像なんぞできるわけもなく、本当に嬉しいです。

 写真のブログやサイトを続けていく大きな励みにもなります。

 −−>当分興奮冷めやらず。

 キャノン・プレミアム・アーカイブスは、毎週土曜日の午後7:30より放送。
 本日は、前回に引き続き榎並悦子さんの長崎の旅(第二回)が放送予定。詳細は以下のサイトからどうぞ;

   http://www.bs-j.co.jp/shashinka/

 榎並悦子さんの写真を紹介しているサイトがありました。合わせて御参考になさって下さい;
   http://www.nomachi.com/enami/index.html

  

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ<--この記事を気に入られた方、是非応援ポチお願いします。



ハクバCanon EOS 40D専用液晶シェード DMH-CE40D



JUGEMテーマ:写真



1

ブログ内検索



フィルム写真の教科書

categories



中判カメラの教科書


旅鞄いっぱいの
京都ふたたび




profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 霊鑑寺 (京都市左京区)
    ミノチャゲ
  • 霊鑑寺 (京都市左京区)
    akise
  • 秋の京都でお散歩(京都御苑)
    ミノチャゲ
  • 秋の京都でお散歩(京都御苑)
    runningWaterX
  • 2016年4月29日 京都鉄道博物館グランドオープン
    ミノチャゲ
  • 2016年4月29日 京都鉄道博物館グランドオープン
    runningWaterX
  • 成田山へ
    ミノチャゲ
  • アサヒカメラで、カメラのお勉強
    ミノチャゲ
  • 京都のパン屋さん(1): 進々堂のパンドミ
    ミノチャゲ
  • 京都のパン屋さん(1): 進々堂のパンドミ
    ぴのぴな

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM