Henri Cartier Bresson の自選コレクション - 大阪芸術大学

 ハービー山口さんのTwitterのコメントを拝見して、大阪芸術大学にて、アンリ カルティエ ブレッソンが自ら選らんだというプリントの展示会が開催されていることを知った。


Henri Cartier Bresson 自選コレクションの図録
Camera: Ricoh GR1V
Film: Fujifilm Superia Premium 400
Film development by Photolabo hibi
Scanner: EPSON GT-X980





 前期:2016年10月3日(月)〜10月25日(火)
   ヨーロッパ各国で撮影された作品 (計222点)

 後期:2016年11月9日(水)〜11月19日(土)
   アジア、北・南米で撮影された作品およびポートレイト作品 (計189点)




 合計で、411点という膨大な作品の数。残念ながら、私がハービーさんのTwitterのコメントでこの展示会のことに気が付いたのは、展示会の後半で、上海への出張から帰国した11月19日に何とかギリギリセーフで観に行くことが出来た。

 作品は、全点トリミングなし(と理解した)。当たり前の話だが構図のとり方が素晴らしい。幾何学的なバランスのとり方(イタリアで撮った縦位置の作品が好き)。スナップで瞬時に完璧なバランスとるのは容易なことではないと思う。いつもトリミングばかりしている素人の私とは言うまでもなく雲泥の差。

 生のプリントの数々.........圧巻、素晴らしいという言葉を私みたいな素人の写真好きが発するのもおこがましい気がした。

 トルーマンカポーティのポートレートのトーンがとても気に入った。

 残念ながら、前半の222点は観られなかった。大阪芸術大学のこの所蔵品、今回の公開は、10年ぶりだそう。ということは、次回の公開は2026年か......。機会があれば、今回観られなかった作品も鑑賞してみたい。


 僕が生まれた前の年、1965年に撮影された京都でのスナップも気になった。どこかのお寺の山門(?)の前を、少女3人が駆け抜けている。パッと見た感じ、南禅寺のようにも.....だけど大徳寺や東福寺の中でも同じような感じの山門見たような......京都でスナップ続けながら、この場所を探し当てるという楽しみが加わった。

 帰る前に、自選コレクションの図録を購入した。411点の作品が掲載されていて2000円。ハービーさんがTwitterで仰っておられた通り、これは安い。週末、この図録を広げて作品一つ一つを眺めたら、とても幸せな気持ちになる。






第2回 関西蚤の市

京都に引っ越したら、家具は全部DIYで週末に手作りしようと思っていた......が、大幅に製作に時間が掛かっている。 何か良い手は無いものかと思案していると、カミさんがこの前の日曜日、関西蚤の市なる催し物をネットで発見。早速、行ってみた。

関西蚤の市_01


場所は、阪神競馬場。かなりの来場者。

関西蚤の市08


古家具を扱っているお店もあった。が、手直ししてきれいにされているものは、けっこういいお値段。出来れば、京都町家に似合いそうな修理前の古い家具を見つけて、自分でサンディングしたり塗装し直したり、必要があれば棚板なんかは自分で作り直したりしたい。これからもっと色々なお店を見て回ろうと思う。

関西蚤の市09

関西蚤の市_04

関西蚤の市_06

関西蚤の市07















引越し: 関西で物件探し開始

 先週末、地元の不動産屋さんに行って、今の自宅を売却した場合の大凡の額と、賃貸に出した場合に得られる毎月の収入の目安を得た。

 この週末、うまい具合に関西方面の出張が入ったので、土日は大阪のホテルをとって、近畿圏の不動産屋さんを回ってみることにした(半分完全に観光気分)。

 当然まだまだ前準備段階。不動産屋さんと仲良くすることも、いい物件を見つけるためには必要と考える。半年後の引越しを目指して物権探しの始まりである。

 土日、関西に滞在するから家には帰らず、そのまま月〜金まで西日本のお客さんと打ち合わせである。この半年間は、こんな日々を送ることが多くなるのかもしれない。

梅小路
Camera: LeicaM3
Lens: Summilux 50mm F1.4 ver.2
Film: Kodak Tri-X 400
Scanner: EPSON GT-F600
Shot at UMEKOJI SL MUSEUM




にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
   応援ポチ、是非お願いします。



JUGEMテーマ:引越し



関西へ引越し....家、どうしようかなぁ

 関西へ引っ越すことが決まった。4日前に会社の上司から赴任を言い渡された。正直、かなり嬉しい。親戚は、皆関西だし、大好きな京都もある。子供の頃、夏休みと冬休みの殆どを過ごした金沢もグッと近くなる。
 どうせなら、京都に住みたいとも思うが、まずは幅広にじっくりと物件選びをしたい。幸いにして、引越しするまで猶予期間がある。来年の4,5月に引越しすればよいので、ここ数ヶ月は関西方面の不動産屋を巡ることになろう。



 問題は....。今住んでいるマンションを売却して、関西に永住することを前提で行くべきか、それとも、今住んでいるのを賃貸に出して、関西で家を借りるか.....。ただ今現在、48歳。赴任すれば多分5年以上になる可能性が高い。非常に微妙な選択。年末年始にかけて、悩ましい選択の決断をせねばならん時がくることだけは確実。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ





明石大橋の袂で

 神戸方面へ出張に行ったとき、宿泊したホテルから歩いて行ける範囲で、早朝スナップしたときの一枚です。

明石海峡大橋
Camera: RICOH GR1V
Film: FUJI NEOPAN 100 ACROS
Developer for film: FUJI SPD



にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ<--応援ポチ、お願いします。


JUGEMテーマ:銀塩モノクロ



再び神戸

 本日は、神戸に出張で、昨日から再びクラウン・プラザ神戸に宿泊。
 前回は、海が見える側の部屋でしたが、今回は反対側で新幹線の新神戸駅がよく見える部屋でした。

クラウンプラザから


 こういう角度で新神戸駅を眺められるのは、きっとクラウン・プラザ神戸だけではないかと思います。
 新幹線の駅の向こう側に桜がみえました。まだまだ綺麗です。
 写真は、前回同様にIXY DIGITAL55で撮影。
 今日は、午前中が神戸で、午後名古屋に出張。そんで明日は、一旦東京に戻って、長野県方面に出張です。かなりハードな一週間であります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ<--ブログランキング参加中。応援クリック是非お願いします。



JUGEMテーマ:旅行



神戸の風景

 只今、出張中です。
 今回は、関西方面への出張で、新神戸駅前のクラウンプラザに1泊。
 
 
神戸クラウンプラザ


 この写真は、今朝Canon IXY DIGITAL55で、泊っている部屋から 撮影しました。
 非常にコンパクトサイズなので、お客さんのところでサンプル写真を撮るのに使ったりしています。
 出張中にも、EOS40Dを持ち歩ければよいのですが、さすがにそういうわけにもいかず。
 GWは京都に行く予定。
 その時は、EOS40Dで思う存分撮りたいと思います。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 写真ブログへ<−−ブログランキング参加中です。応援クリック是非お願いします。

JUGEMテーマ:旅行



1

ブログ内検索



フィルム写真の教科書

categories



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 霊鑑寺 (京都市左京区)
    ミノチャゲ
  • 霊鑑寺 (京都市左京区)
    akise
  • 秋の京都でお散歩(京都御苑)
    ミノチャゲ
  • 秋の京都でお散歩(京都御苑)
    runningWaterX
  • 2016年4月29日 京都鉄道博物館グランドオープン
    ミノチャゲ
  • 2016年4月29日 京都鉄道博物館グランドオープン
    runningWaterX
  • 成田山へ
    ミノチャゲ
  • アサヒカメラで、カメラのお勉強
    ミノチャゲ
  • 京都のパン屋さん(1): 進々堂のパンドミ
    ミノチャゲ
  • 京都のパン屋さん(1): 進々堂のパンドミ
    ぴのぴな

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM