京都で始めてのんびり週末(1)_土壁塗り体験

昨日と今日は、6月6日に京町家の住人となって初めてゆっくりとした週末となった。まだまだ引越しの荷物は片付いていないし、家具作りもせにゃならんけど、ちょっとひと休み。

昨日の午前中は、京町家の土壁を塗る体験をしてきた。
自分が引っ越した家も、古い京町家をリノベした物件なので、自分の家が作られた工程を体験してみたかったのと、いずれは、自分の家も土壁の手入れをする時が来るだろうから、その時に備えて実際に土壁塗りを体験してみたかった。やはり、僕と同じように京町家にお住まいの方もいらしたが、若い方が結構参加されていたのにはちょっとビックリ。

土壁塗り体験


まずは、土を塗る土台となる竹の格子(竹木舞)を藁の紐で固定していく。これが、意外と時間が掛かって、土壁に費やす時間があまりなく、非常に中途半端な状態で時間切れとなってしまった。わずか2時間程度の作業だったが、汗でビッチョリになった。土を塗り作業がかなりの重労働だと初めてわかった。でもとても楽しく体験させて頂いた。

今回の土壁塗り体験は、八清さんからご案内頂いた。実際にリノベ中の物件にお邪魔して、作事組の皆さんにご指導頂きながら、土壁塗りを体験させてもらうかたちだった。

土壁塗り体験2


伝統的な京町屋は、毎年数が減っていっている。江戸・明治期、大正・昭和初期に建てられた町家の手入れには、やはり手間が掛かると思う。それでも、実際住み始めて僅か一ヶ月の人間が言うには早すぎるかもしれないけど、木の風合いや土の温もりを感じられる日常生活は、シックハウスのような問題とは無縁だし、なんだか家にいてとっても落ち着く。

土壁塗り体験3



もし機会があれば、漆喰壁を塗る作業やベンガラなんかを塗る工程も体験してみたい。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


JUGEMテーマ:京都


京町家購入体験記(2) − ペット可の賃貸が、なかなか見つからない。

 転勤のため、2014年の9月から関西で家を探し始めた。僕は、今から12年前に分譲マンションを船橋に購入。家探しを始めたころは、転勤先で住むのは賃貸にして、船橋の家を貸そうと思っていた。東京駅まで総武本線を使えば正味30〜40分でいける船橋駅まで歩いて10分以内の距離にあるので、借り手はつくだろうと思ったからだ。

 駅に近いマンションや一戸建ての持ち主の中で、僕と同じように転勤のために、家を貸したいという人はいるだろうと安易に考えていた。
 実際に、大阪、京都、草津、神戸などの賃貸を扱っている不動産屋さんに行ってみて相談したら、直ぐに困ったことになった。駅近でペット可の希望物件が、ほとんど皆無に近い。うちには、猫が二匹いる。二匹がいない生活なんて考えられない。

クロピ


 ワンルームマンションとかなら、ペット可の物件は結構あった。しかし、

 *今住んでいるマンション(75m2程度)と同じくらいの広さで、夫婦二人で住む

 *猫2匹と一緒に暮らしたい

 *お風呂場暗室から脱却して、フィルム現像や引き伸ばし作業を行う暗室にできるスペースが欲しい


という条件に合う物件が、皆無に等しいことが分かってきた。一戸建てや分譲マンションにお住まいの方が、賃貸に出している物件を扱っている不動産屋さんに行くと、

「あああ、お客さん、猫2匹と一緒にとなると、まずないですわぁ.....」

という感じで断られることが殆ど。それでも、駄目モトで貸主さんに電話してくれる不動産屋さんもあったが、電話口で”猫”のネの字を言った瞬間に

「あかんあかんあかん! それはあかん」

て、電話の向こうで速攻で断られているのが、直ぐに分かってしまう。.....考えてみれば貸主側としては当然な話だ。猫を実際に飼っている人なら分かると思うが、猫はとにかく壁(特に壁の角の部分)などで爪とぎするのが好きだ。僕の家の2匹の猫は、別に用意した爪とぎを使ってくれているが、壁をバリバリのボロボロにしてしまう猫は少なくない筈。もし自分の家を誰かに貸してそんな風にされたんでは、たまったものではない。

グレピ



というわけで、関西で家探しを始めて2ヶ月が過ぎたころには、今住んでいる船橋の家を売って、関西で家を買うという選択肢を選んでいた。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
応援ポチ、お願いします。




JUGEMテーマ:不動産 売買


京町家購入体験記(1)

 昨日、千葉県内の自宅の売買契約が成立しました。引渡しのタイミングは、予想よりも早くなって、5月末か6月1,2週目になりそう。結構慌しく引越の準備をやらねばいかんです。

売買契約


 一方、引越先の京都の物件購入は、最終的に伝統的建築の京町家に決めました。いつ建てられたかは不明ですが、登記簿の記録から、明治43年には既にそこにあったという古い京町家をフルリノベーションした物件です。既に、手付金を支払い、売買契約を済ませてあるし、住宅ローンの審査も通っておりますが、キンショウケイヤク(金銭消費貸借契約)は、これからです。京都の不動産屋さんと、引渡しまで効率よく諸手続きを行っていくのと同時に、引越前に行いたい内装の一部追加改装の準備も同時並行でやらねば。

 昨年の9月から始まった京都への引越し準備。ようやくここまで来たという感じ。引越準備を始めたころは、マンション、戸建てを中心に検討していました。まさか、最終的に京町家を購入することになろうとは、検討開始当初は思ってもいませんでした。

 写真ブログではありますが、これから暫く何度かに分けて「京町家購入体験記」を綴ってみたいと思います。京町家ではありますが、なんとか暗室も確保できそうです。暗室準備の様子も、追々書いていきます。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ応援ポチ、お願いします。


JUGEMテーマ:京都



台中: 宮原眼科にて [ Ricoh GR1v ]

前回投稿した写真を撮った台中第四信用合作社は、宮原眼科の支店という感じだろうか。宮原眼科は、なんともユニークな内装。お店の入り口から見た感じだと、何のお店なんだろうと、とてもジェラートやお菓子を販売しているようには思えない。台湾の皆さんには、大変人気のスポットなようです。人がすごく多かった。

宮原眼科
Camera: Ricoh GR1v
Film: Kodak Tri-X400
Self-development with Kodak D76
Scaner: EPSON GT-F600


にほんブログ村 写真ブログへ
応援ポチ、お願いします。



JUGEMテーマ:銀塩モノクロ



台南 JJ-W HOTELの前で (Ricoh GR1v)

2014年の11月、台南のJJ-Wホテル (佳佳西市場文化設計旅店)に泊まったとき、ホテルの前の空間がなんか面白くて、夜の時間帯に撮ってみました。


台南JJ-W HOTEL前
Camera: Ricoh GR1V
Film: Kodak Tri-X400
Developer for film: Kodak D76
Scaner: EPSON GT-F600




にほんブログ村 写真ブログへ
応援ポチ、是非お願いします。




JUGEMテーマ:銀塩モノクロ




ブログ内検索



旅鞄いっぱいの
京都ふたたび


categories



あした、金沢に行く


profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM