α-STATION FM KYOTO 開局26周年 公開生放送 ......(後藤晃宏さん、三嶋真路さん)

 7月1日、αステーションの26th Anniversary 公開生放送 Special Program 「MIXED NATS〜DESTROY EDITION〜」の 観覧募集に運よく当選したので、カミさんといってきた。

 DJのお2人は、じっとしていることがなく(特に後藤さん)、撮るのがかなり難しかったが、このショットはまぁまぁなんとかという感じ。後藤さん、三嶋さん、ちゃんと撮れてなくてスンマセン。

αステーション開局26周年記念公開生放送 後藤晃宏 三嶋真路
Camera: Leica M3
Lens: Summilux 50mm f1.4 ver.2
Film: ILFORD Delta400 Professional
Self-development with Kodak D76



 大抵、地方のFM放送局だと、東京のキーステーションの番組が結構配信されているようであるが、αステーションのプログラムは殆どオリジナル(たまに全国の放送局とコラボしている特別編成もあるようですが......)。

 αステーションを聴き始めたのは、2014年の秋だった。京都に引っ越しがほぼ決まって、京都や大阪で家探しをし、かつ前の家(千葉県)を売るという時、なかなか買い手がつかず不安に思っていた時も、千葉からRadikoでαステーションを聞いて、気分だけは引越完了して不安が少し和らいだことを思い出す。

 月〜金は出張仕事が多いから、基本、土日に聴くことが多い。僕がαステーションで一番好きなプログラムは、Radiaont Mornig。土曜日の朝は、しもぐち☆雅充さん。日曜日の朝は、後藤晃宏さん。土曜日は、なつかしの歌謡曲やJ−POP、日曜日は、60〜90年代の懐かしい洋楽の数々。現在40代以上の人たちにとっては思い出がつまった突然かかったりして結構ハマると思う(自分はかなりハマッてます)。

 αステーションの名物DJといえば、谷口キヨコ(きよぴー)さんでしょうか。谷口さんのトークは面白くていつも笑ってしまう。いつぞやのRadiant Morningで後藤晃宏さんが、大変な芸達者だと褒めちぎっていたと記憶している。是非とも拝見したいものだ。

 川原ちかよさんの明るく元気なDJを聴くと、こっちも元気が出てくる。

 ポールさんのDJは、英語のお勉強にもなりそうな...何であんなに日本語上手いんやろ...。

 AMIさんのハスキーボイスなDJもいいなぁ〜。オモロすぎる妄想だらけのバーフィアのあの番組がなくなってしまって、あれはかなり笑えたのにチト残念。ご結婚されたから、妄想する必要ないもんね...........谷口さんがタッチ交代で続けるという案は如何でしょうか。

 世界的な映画監督の河瀬直美さんが、日曜日夕方の番組(UNDER THE TREES)で、思いっきり奈良のローカルネタやお子さんとの日常をしゃべったと思いきや、カンヌから現地レポみたいな日もあって、そのギャップもオモロイ。その後の番組、ナガオカケンメイさんがDJしている「d&radio KYOTO」は、京都の”イケズ”を研究する番組。こんな番組は他の局ではありえんと思うが、その超ローカル的番組のDJが、京都のみなさんからみたら完全に「よそさん」のナガオカさんがやっているというのがミソなのかもしれない。ナガオカさんご自身も同じことを言っておられたが、最初番組のコンセプトを聴いたとき、この番組は直ぐに終るだろうと思っていた(きっと京都人からヒンシュクの嵐になるだろうと思った)。ところがである.......。なかなかどうして長続き。僕が思うに、毎回登場するゲストのキャラがいいし、そのキャラのよさだったり面白さを、ナガオカさんがうまく引き出していると思うのであります。


 出張がなくて、ホームオフィスで仕事っていう朝は、佐藤弘樹さんのα Morning Kyotoを聴きながら仕事することもある。なんか佐藤さんのあの渋い声で経済ネタや政治ネタを拝聴すると、なんだか有難くてラジオの前で拝みたくなるときも.....。


 三嶋真路さんは、平日の番組ご担当なので、残念ながら三嶋さんの番組は殆ど聴いたことがない。しかし、公開放送のDJぶりからとんでもないヘビメタ博士、ロック博士だということが分かった。是非土曜か日曜に、三嶋さんのロック系の番組をつくって欲しいものだ。

 αステーションは、個性的なDJと個性的なプログラムが多いと思う。自宅で現像作業したり、写真の整理したりしている時は、いつもαステーション聴いている。







JUGEMテーマ:京都



祇園でびっくりぽん

 ちょっとびっくり。

祇園でびっくりぽん
Camera: Canon Canonet QL17 G-III
Film: Oriental New Seagull 400
Self-development with Kodak D76







JUGEMテーマ:京都




京都の初夏に

 一昨日フィルム現像した中の一枚をスキャン。...... Leitz ValoyIIでプリントしたい。

京都 寂光院
Camera: Leica M3
Lens: Cosina Voigtländer NOKTON 35mm f/1.2
Film: Bergger Pancro400
Self-development with Kodak D76


5月に撮った写真。結構暑い日だった。







久々にフィルム現像

 久々にフィルム現像。

 今年の5月〜7月にかけて撮ったフィルムをまとめて現像した。
 このお盆休み中の間に、引き伸ばしできるタイミングがあればよいのだが......。



17K14-Film-dev(467x700).jpg










Lietz Focomat 1C − 受け継ぐということ

 今、僕の仕事部屋兼週末暗室に、Leitz Focomat 1Cが鎮座している。Leitz Valoy IIを持っているので、追加でFocomat 1Cを購入する予定はなかった。では、なぜ今ここに......。
 今日は、このFocmat 1Cを受け継いだ方の意志に敬意を払いつつ、入手した経緯を少し詳しく書きます。

Focomat 1C


 こんないい加減なブログでも、これを見て頼ってきてくれた方がいた。
 数ヶ月前、このブログのある記事のコメント欄に連絡して頂いた。お父様が亡くなられ、現像に使う機材が残され、処分にお困りとのこと。

 最初、コメント欄に記されていたメルアドに、実際に伺って、残された機材を見せて欲しいとメッセージ送ったが送信エラー。......失礼ながら悪戯だったのかと思ってしまった。悪戯だと、わざわざ再びこのブログにきて、メッセージを送ってくれたブログ記事をまた見てくれることはないだとうとも思ったが、ダメモトで該ブログ記事のメッセージに返信するかたちで、送信エラーになったので別の連絡先をと、頼んでみた。
 そうしたら、しばらくして、返事がきた。代わりに教えてもらったメルアドはちゃんと送信が出来きた。メッセージを送ってくれた息子さんのお住まいは京都で、亡くなられたお父様が残された機材は大阪の実家だとのことで、お母様が絶賛処分中とのことだったで、日時を合わせてお伺いすることになった。
 
 機材引き取りのため、京都の自宅近くのレンタカー屋で車を借りて、実際に伺ってみると、お父様の写真趣味はもう趣味といえる領域を完全に超えておられた。全紙サイズなど、大きく引き伸ばすことに拘っておられたそうで、ヨドカメの梅田店では、全紙サイズの銀塩用印画紙を求めに来られていたのは、もうお父様だけだったとか。暗室もすごかった。ご自宅の一部を改装された暗室で、現像、停止、定着の各液を入れた大きなバットを並べておける横長のシンクも備えられていた。

 定年後に、ご自宅で写真屋さんをされようとしていたとのこと。写真仲間が集う場にされたかったご様子。しかし、実際に定年のころになったら、時代はフィルムからデジタルへ.......。それでも、銀塩に拘っておられたそうで、新聞社から依頼されて、昔の世相が写されたフィルムから、大きく引き伸ばして印画紙に焼く作業をされたこともあったそうだ。

 連絡して頂いた息子さんも、子供の頃はお父様の暗室作業を手伝っていたそうだ。お母様も息子さんも、あまりに写真熱一杯だったお父様がされていたことを、かなり迷惑であったようなことを表向き仰っておられたが、それが本心ではないことは、直ぐに分かった。話が進むにつれ、お二人の表情は和らぎ、お父様の写真にドップリつかっていたご様子を語るお二人は、かなり楽しげだった。
 本当に迷惑だったなら、全ての機材をガラクタ同然に大型ごみとして直ぐに処分されていただろう。お父様の思い出一杯の機材たちを、そんな簡単に処分出来る筈はない。

 機材の殆どは、すでに生前の写真クラブのお仲間などに引き取られていた。しかし、主な機材のうち、Focomat 1Cだけが残されていた。ハッセルブラッドなどのフィルムカメラは、フィルム現像してスキャンとかすればデジタル画像として残すのに使える。だが、引き伸ばし機は嵩張るし、いまどき自宅で引伸作業をしている人は限られる。更に、お父様が残されたFocomat 1Cは、僕がよく知っていたそれと比べると巨大で、イーゼルを置く白台版も中判、大判の引伸機用なのではと思えるほど大きいし、本体を支える支柱が120cmもある。大きなサイズへの引伸に拘っておられたので、このサイズを選ばれたのであろう。あとでカメラマガジン(エイ出版)のNO.15、125ページをみて分かったが、お父様のはFocomat1Cシリーズの最終型で、カラーフィルムの現像にも対応している機種であることが分かった。

 子供の時にお父様の現像作業を手伝っていた息子さんは、きっと最後に残されたFocomat 1Cがどれだけ貴重な引伸機であるのか、よく分かっておられたのであろう。聞きはしなかったが、この機材だけは、今からでもずっと昔ながらの現像方法、引き伸ばし方法で銀塩写真を楽しんでいる人に受け継いでもらいたいという思いがあって、引き取り手が現れないなか、Web上で、現像作業をやっている記事が載っている僕のブログを発見して、連絡されてきたのだろう。本当に有難いことです。

 Focomat 1Cと一緒に暗室で使うフィルムクリップや、セーフライトと、展示会のために沢山ストックされておられたフォトフレームの中から数点お預かりしてきた。大切に使わせて頂く。お線香を上げさせて頂き、車に機材を載せて帰ってきた。

 が....、Focomat 1Cやその他の機材をお預かりして数ヶ月が経ってしまった。すぐに使ってみたかったが、仕事が非常に忙しくなってしまい、週末もバタバタで時間とれず、ようやく一昨日と昨日、まとまった時間を作って、久しぶりに引き伸ばし作業を行った。引き伸ばしたフィルムは、ご近所のカフェのオーナーさんが、家内が注文したメニューをメモしているところを撮らせてもらった写真で、引き伸ばして写真を持っていくと約束していたもの。ヘタッピな僕ですが、結構イメージ通りに、オーナーさんのにこやかな表情を、柔らかいイメージに仕上げることが出来た。


ご近所のカフェで撮らせてもらった写真の現像風景



 Valoy IIも、もちろん今後も使い続けるのであるが、Focomat 1Cはオートフォーカス機能があるので一度ピントを合わせたたら、後は楽。同じサイズの印画紙で焼くサイズを微調整する時や、六つ切りで試し焼きして、四つ切や大四つ切に、あるいは更に大きなサイズにって時に便利だと思う。

 僕は、今後もフィルムと現像用の各薬剤やその他消耗品がなくならない限り、ずっとフィルムでの撮影と自宅での現像作業を趣味として続けていくと思う。今回頂いたFocomat 1Cは、ご好意で無償で頂いた。急死されたお父様の熱い写真への思いが詰まったこの引伸機は、頂いたというよりも、お預かりしたという気持ち。出来れば僕の後の世代の誰かに、また引き継いで欲しいとも思う。
 定年まではあと9年。その後も、体力が続く限り銀塩写真を楽しんでいきたいと思っている。でも、僕もいつの日か、今回お預かりしたFocomat 1Cや、これまでコツコツを集めてきた暗室機材やらフィルムカメラなんかを、引き継いでくれる人やカメラ店を探す時がくるのであろう。その時になっても、依然として銀塩写真を楽しんでいる方は、いるだろうか..........?

 まだまだ先のお話だと思っていたが、自分もそういうことを考える年齢にもうなってきたのだ。








ブログ内検索



フィルム写真の教科書

categories



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM