京都のパン屋さん(2): まるき製パン所

 
 千葉から京都に引っ越してきて、京都のパンの美味しさに驚くのと同時に、大いに楽しんでいる。週末の朝ごはん前には、まるき製パン所によく行くようになった。
 
まるき製パン所(1)
 



 いつもお店に着くと、カウンターの美味しそうなパンの数々に目が行ってしまうので、お店の外観全体を見るということがなかったんだけど、こうして引いてみると、まるき製パン所は、京町屋だったのですね。うちも京町家なのですが、幅は丁度うちと同じくらいかも。ますます親近感が湧いてしまう。

まるき製パン所(2)
 

 僕らがいつも買うのは、食パン。前の日に電話で連絡して、確実に手に入るように、早朝の焼きたて一斤を、取り置きしてもらう。そんで、朝8時過ぎにお店に着いたら、その場で6枚切りにカットしてもらう。僕が子供の頃、丸十パンというパン屋さんが家の近くにあって、やはり母もその場でカットしてもらっていた。お店の昭和な感じも、なんだか子供のころのことを思い出させてくれる。


 食パンを買ったら、自転車で自宅に戻って、トーストすることもあるけど、まるき製パン所の食パンは、焼きたてだと、家に持ち帰ってきた段階でも、いつもまだ温かくて、ホントにやわらかくてフワフワ。。サンドイッチにピッタリだと思う。

 うちの場合は、たとえば↓、こんな風にマーガリンとマスタードを塗って、無印良品の「かんたん調理 タンドリーチキン」で浸け込んだトリの胸肉をほぐして、レタスの上にのせて、パンを半分に折るような感じで、サンドして頂いております。これが実に美味い。

まるき製パン所(3)

まるき製パン所(4)

まるき製パン所(5)
 



 まるき製パン所には、朝の焼きたてを求めて、ちょくちょく通うことなりそうです。 









 <−−応援ポチ、是非お願いします。










京とうふで湯豆腐(1)

 最近、お休みの日に早朝ウォーキングを楽しんでいる。自宅から、気が向くまま京都市内を1時間半から2時間歩き回って、また自宅戻る。

 昨朝、万寿寺通りで、お豆腐屋さんを発見。まだ開店前(午前10時からだそうだ)。ダメモトで、「すみませぇ〜んん」と、声かけてみたら、女将さん(と思われる方)が出てきてくれて、木綿豆腐一丁欲しいといったら、出来たてのお豆腐を、すぐにパッケージに入れてくれた。

京とうふ_まるまん



 持ってかえって、カミさんに見せたら、「お昼は湯豆腐にしましょう」との提案。大賛成である。
 昨日の昼食の湯豆腐は、ポン酢と我が家でブームになりつつある広島の牡蠣醤油をブレンドした特性ダレで頂いた。

まるまん豆腐_002

まるまん豆腐_003

まるまん豆腐_004




 お酒は、京都の玉乃光で作った温かいヒレ酒。湯豆腐をフーフーしながら呑むヒレ酒は美味すぎ。

玉乃光でヒレ酒(鰭酒)


ヒレ酒(鰭酒)




 より一層寒くなっていくこの季節。毎週週末早朝ウォーキングに出て、お豆腐屋さんを見つけたら、今回の作戦でいこう。お店が開いていなくても、声かけて、一丁分けてもらえたら、その日のお昼は自宅で湯豆腐を楽しむ。いいではないか。


まるまん豆腐(地図)










夜明けの京都

 早朝ウォーキングで、清水へ。京都タワーに朝日が当たってた。

夜明けの京都(’16年1月10日)






JUGEMテーマ:京都



スマート珈琲のカスタードプリン

 京都に引っ越して一番嬉しかったことの一つが、いつでもスマート珈琲のカスタードプリンが頂けるようになったこと....。とはいっても、京都に引っ越してから何かと忙しくて、行けていなかった。年末にちょっと落ち着いたところで、カミさんと久しぶりに行ってみた。

スマート珈琲 (京都 寺町)1


 みんな当然こちらには、珈琲が美味しいから行くのだろう(カミさんもそうだ)。でも僕は珈琲が苦手。

 僕の目的は珈琲ではなく、あくまでカスタードプリン。これを紅茶と一緒に頂く。以前、京都に旅行に来たときにここへきて、たまたまオーダーしたカスタードプリンが本当に美味くて、ハマッてしまった。

スマート珈琲 (京都 寺町)2


 なんのヘンテツもない、普通のカスタードプリンではないかと言われそうだが、なんかこう昭和40年代、子供のころにどこかに出かけて食べたときの懐かしいプリンの味というか.....。卵の味をすごく感じる正統派のプリンにホロ苦いカラメルソースが、もうたまらんのだ。やっぱり何度食べても美味しい。

因みに、カミさんはスマート珈琲のホットケーキが大好き。合わせてお試しあれ。




<−−応援ポチ、是非お願いします。


JUGEMテーマ:京都



フグヒレ購入

出張で名古屋駅前のホテル泊。

今朝、早起きして、柳橋の魚市場に行った。

お正月に、自宅で玉乃光という京都のお酒で、鰭酒作ったらとても美味しくて、これからの週末、鰭酒を楽しめるようにと、フグヒレを追加購入しにきた。
名古屋駅前に、こんなに活気がある魚市場があること、地元の人でもよく知らないことがあるみたいで......。













↓フグヒレ大量購入。これで3年分の冬の鰭酒用ストックになりそう。








ブログ内検索



ズームレンズは
捨てなさい!
[ 赤城耕一 ]

categories



旅鞄いっぱいの
京都ふたたび




あした、金沢に行く


profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM